電池・バンドを交換したい

ご注意ください

バンドの調節などは、指にケガをしたりしますので、時計専門店で行ってください
デンチ交換も液漏れや破損したり、子供が飲み込んだりして、危険ですので時計専門店で行ってください

 

 

手順1

図のように、時計ケースの穴にバネ棒がはめこまれているタイプのバンド交換の場合、ケースサイドに穴があるため、そこにバネ棒外しを差し込み、バネ棒を外します。

 

手順1

時計の診断

お客さまから、時計の電池交換を依頼された場合、まず最初に、その時計の診断を行います。その結果電池の交換だけで済むのか、修理・点検が必要かどうか判断します。

手順2

バネ棒外しを差し込むと、図のようにバネ棒が縮み、バンドが取り外せます。

 

手順2

ケースの裏ぶたを開ける

裏ぶたまわりの汚れ・ゴミを落とし、適切な治工具で正しく開けます。

※間違った治工具はケースを破損します

手順3

バネ棒を取り外したら、新しいベルトにバネ棒をセットし、穴に差し込みます。

 

手順3

電池電圧を確認

裏ぶたを開けたら電池を取り出し、電池電圧の確認をします。

手順4

完全に取付け出来たかベルトを引っ張って確認し、取り付け完了です。

 

手順4

ムーブメントの状況を確認する

消費電流は規格内か、ゴミ・ケバが入っていないか、電池のマイナス端子にサビや汚れがないか、ムーブメントにサビが出ていないかをひとつずつチェックします。

   

手順5

新しい電池を入れる

手順4で問題がなければ、用意した電池の電圧を確認し、電池を入れます。

   

手順6

裏ぶたを閉じる

パッキンが切れていたり、劣化していないか、パッキン・ムーブメントの内部にゴミ・ケバが付着していないかを確認し、パッキンにシリコングリスを塗布して裏ぶたを閉じます。

お近くのお店を探す

※お近くの市町村名をクリックしてください
店舗候補を表示します

このページの先頭へ